ホストの求人の見分け方のポイントとは?

ホストのバイトをしてみたいと思ったら、まずどこで働くかを決めなければなりません。
そこで多くの人がバイトの求人情報を見るようになるでしょう。
ただよく見てみると、どこも同じようなことが書かれているので、一体どこを選べば良いのか分からないという人もたくさんいます。
実はホストの求人の中から自分に合ったお店を見つけるためには、求人情報を見るだけでは不十分なのです。

まず多くの求人がある中で、それぞれのお店の見分け方のポイントとなるのは雇用条件です。
時給はもちろんのこと、お店のオープンの時間からクローズの時間までも把握しておきましょう。
そこで勤務時間が分かるので、日給がいくらになるのか計算をして比較します。
同伴ができるようになればオープンの時間は関係ないのですが、最初のうちは時給を重視しなければならないので重要な項目の1つです。

条件の中には体験料と書かれているものもありますが、これは1日体験入店した際の報酬金額です。
お店によって1万円や2万円など提示金額は様々なので、どこが高いのかをチェックしてみるのも良いでしょう。
興味を持ったお店でも、入店してみたら職場環境が良くなかったというようなことはよくあります。
これは情報誌に書かれた内容だけを重視した結果起こるミスだといえるでしょう。
だからこそ体験入店は非常に重要です。

実際に入ってみてスタッフと接してみた結果、働きやすいかを判断するという体験入店の見分け方は職場選びには重要な参考資料となります。
見るべきポイントは人それぞれですが、職場環境だけは文字の情報からでは分かりません。
ただ働きをさせられるというのであれば無駄な時間と捉える人もいますが、夜の世界は体験でも体験料として報酬が発生するので、ある意味超短期のバイトとしても考えられます。

次に罰金システムの有無に関してです。
お店によってはペナルティとして罰金が課せられることがあります。
どんな内容でペナルティが発生するのかはお店によって異なりますが、多くが無断欠勤や遅刻、お客様とのトラブルです。

無断欠勤や遅刻は、夜の世界とは関係なく社会人としてもあってはならないことです。
それをホスト自身にもわからせるためにも、時間にルーズな人に対して罰金を課しているお店もあるのです。
もしも目的のプレイヤーがお店にいないとなると、お客様に迷惑をかける可能性があります。
また夜の世界はお酒が入るので、その影響で何らかのトラブルがあったとなった場合にもペナルティがあります。

関連記事
月間記事
ページ上部へ戻る